慶応義塾大学 理工学部 電子工学科

レーザ・フォトニクス技術は,急速に発達したインターネットの通信容量の増大や,大容量な記憶メディア技術の発展を支えているだけでなく,医療,自動車,航空産業等の様々な産業でも必要不可欠な技術になってきています.例えば医療の分野では断層トモグラフィー技術を活用した眼科での診断にフォトニクスの技術が使われています.自動車や航空産業においては従来では加工が難しかった材料にレーザプロセス技術が活用されようとされています.

これからの,環境との調和,充実した医療,コミュニケーション端末の多様化を支えることになるのはフォトニクスの技術です.高速な光技術と融合した光集積回路,究極ともいえる量子光通信,レーザによる遺伝子操作や医療応用などを見据え,現状の技術の延長ではなく,全く新しい革新的な技術を生み出すために,電子工学科ではレーザ・フォトニクス技術の研究に取り組んでいます.

電子工学科では,光の粒子性を活用した絶対に盗聴できない量子暗号通信,超高精細動画も一瞬で伝送可能な光ネットワーク技術,従来の記憶容量を凌駕できる光記憶メディアを実現できる近接場技術,超薄型ディスプレも実現可能な有機材料を用いたフォトニクス技術,超省エネ信号処理が実現できる光LSI技術,光を用いて遺伝子操作を実現するレーザ技術など,多くの革新的な研究トピックに取り組んでいます.

People

神成 文彦 教授

「コヒーレンス性を使い尽くした計算機制御光波で操る超高速物理」

神成研究室|神成 文彦 教授

フェムト秒域の超短レーザパルスの振幅・位相・偏光をコンピュータで自在にプログラムし直すことで,光と物質の相互作用を制御できる新しい光技術を開発し,分子,キャリア,フォノン,プラズモン等の時空間計測と制御の研究を行っている.光の量子論的相関も同様にコンピュータ制御できることを提案し.....more

津田 裕之 教授

「超大容量・省電力フォトニックネットワーク実現を目指して」

津田研究室|津田 裕之 教授

次世代のインターネット,来るべきユビキタス環境を支えるインフラとして,伝送システムの高効率・大容量化,光通信ノードの低消費電力化とスループット向上,アクセス系並びにローカルエリアネットワークの高速化が求められています.これに対して,私たちの研究室では,「通信の光化」をキャッチフレーズに,.....more

斎木 敏治 教授

「ナノの世界に光技術の未来をもとめる」

斎木研究室|斎木 敏治 教授

私たちは,ナノの世界に閉じ込めた光を使って小さなものを観たり,操ったりしています.ごく限られた狭いところだけを観察できるので,余計なノイズに邪魔されずに感度良く見たいものだけを見ることができます.この特徴を活かして,極微量なウィルスの検出やDNAの塩基配列解読などのバイオセンシングへの.....more

木下 岳司 准教授

「光を操る高機能デバイス」

木下研究室|木下 岳司 准教授

レーザーの発明以降,高強度光や極短パルス光の物質との相互作用が研究され,多くの興味深い現象が発見されている.その中に物質の屈折率,吸収係数が光強度に応じて変化する現象があり,これを利用して超高速で光を光で操る(あやつる)技術の実現が期待されている.このような研究分野を非線形光学といい.....more

田邉 孝純 准教授

「光を止める事はできるか」

田邉研究室|田邉 孝純 准教授

電子集積回路における消費電力の増大は深刻な問題になりつつあり,新しい技術による省電力化が求められています.当研究室では光技術を信号処理に用いることによって,究極的な省エネルギーで動作する光集積回路の実現に向けた研究に取り組んでいます.微細加工技術を利用して光と物質の相互作用を究極的に高めることで,微小なエネルギーで動作する光スイッチや.....more

寺川 光洋 准教授

「微小領域に集めた高強度の光」

寺川研究室|寺川 光洋 准教授

レーザ加工技術およびレーザバイオ・医療技術の研究を行っています.レーザ加工技術では,フェムト秒レーザ加工とナノスケール光散乱場制御の融合による微細構造の作製とその物理過程の解明に取り組んでいます.バイオ・医療応用では,レーザによるドラッグデリバリー,遺伝子治療,再生医療,生体計測に資する技術の創出に挑戦しています.研究テーマは全て.....more

Research

Research